ZEH普及目標ZEH

ZEH・NearlyZEH 普及率目標

当社の全棟数に占めるZEH目標比率は下表の通りです。

(注文住宅) 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
ZEH受託率 14% 10% 13% 15% 19%
NearlyZEH受託率 6% 20% 25% 32% 36%
合計 20% 30% 38% 47% 55%

ZEH・NearlyZEH 普及実績

(注文住宅) 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
ZEH受託率 7% 7%
NearlyZEH受託率 13% 0%
合計 20% 7%
(注文住宅) 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
BELS表示割合 16%

住まいのウチイケでは、『平成28年度 住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金(ネット・ゼロエネルギー・ハウス支援事業)』の交付要件である『ZEHビルダー』登録申請を行い、平成28年4月22日付で登録認定されました。北海道の地元工務店では、当社を含め7社のみの登録となります。(第一次公募次)

ZEH(ゼッチ)とは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略で、住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指すものです。地球温暖化ガスの排出量削減が世界的な課題となっており、国内においても住宅の省エネルギー化は最重要課題のひとつとして位置付けられています。

政府は、住まいの「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、『住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(「ZEH(ゼッチ)」という)の実現を目指す』とする政策目標を設置しました。

※補助金内容の詳細についてはお気軽にお問い合わせください。

BELS(べルス)とは?

BELS表示見本
BELS表示見本

BELS(ベルス)とは、建築物省エネルギー性能表示制度のことを指します。
国土交通省が定めた「建築物の省エネ性能表示のガイドライン(建築物のエネルギー消費性能の表示に関する指針)」に基づく第三者認証制度の一つで、住宅性能評価・表示協会がBELS制度を運営しています。建物の一次エネルギー消費量算定結果をもとにBELS実施機関が省エネルギー性能を適切に審査・評価し、5段階の星マークでランク付けを行います。この評価によって、建物の省エネ性能を可視化することができます。
住まいのウチイケは2020年度までにBELS表示割合目標100%を目指す、BELS工務店です。

お問い合わせはこちらから

share

このページの先頭へ