CSRの取り組みCSR

地球にやさしく!地域にやさしく!ひとにやさしく!

住まいのウチイケでは、社内にCSR部門を設け、社会貢献に力を入れる体制を整え、様々な活動を行っています。

CSRとは企業の社会的責任のこと。

ただ利益を追求するだけでなく、エコや地域社会への貢献などあらゆる面で皆様の暮らしに役立つ会社を目指しています。

エコ認証を取得

地球にやさしく、人に心地よい住まいづくりのためには、地域社会や近隣へ配慮することが重要です。住まいのウチイケでは、エコへのさまざまな取り組みを続けています。
私たちは創業以来、「暮らしやすさは、住まいの性能にある」をコンセプトに家づくりに取り組んでまいりました。環境保全の取組を継続的に改善する仕組み「北海道環境マネジメントシステム(HES)」へ登録、その実績が認められ、環境に貢献している事業所を道が評価する「北海道グリーンビズ認定事業所」へ選ばれています。また、早くに低炭素建築物として国土交通省の認定を受けています。これからもよりお客様が「暮らしやすい!」と思っていただける家づくりに取り組んでいきます。

認定低炭素住宅とは

このような住宅を多く建てることで、たとえばCO2を吸収し炭素を体内に蓄積する杉の木に置き換えると、多くの杉を育てているのと同じことになります。

ウチイケの社会貢献活動

チャリティーにも積極的に参加

以前よりチャリティーイベントの実施や基金への参加は行っておりましたが、2011年の東日本大震災を契機に、チャリティーの重要性を再認識するようになりました。単に物資供給や義援金を送るだけではなく、チャリティーウォークなど趣旨に賛同できるイベントに積極的に参加し、少しでも社会貢献できるように務めてまいります。

街をキレイに美しく

家づくりは、街並みを作っているのと同じことだと私たちは考えています。住まい同様、街並みがきれいであることは嬉しいこと。室蘭市の「まちピカパートナー」に登録したのもそんな思いから。
他にも社屋の庭にはマリーゴールドやコスモスなど季節を感じられる花を植え、少しでも街並がキレイになるような配慮を心がけています。花壇の先生はご近所さん。土起しからご教授いただいています。これからも、社員一丸となって、ゴミひとつ落ちていない街づくりに協力していきたいと思っています。

職育で、子どもに夢を!

住宅づくりは、大人でも知っていそうでなかなか知らない仕事。
そんな住宅の仕事に小さな頃から触れていただこうと、私たちは「キッズタウン」や中学校を対象にした「職場体験」を実施しています。
大工の仕事や図面作成など、ふだんなかなか体験できない仕事に、子ども達が何かを感じ取ってくれたらと考えています。
この中から将来、家づくりに携わる子どもが現れてくれたら嬉しいですね。

人が集まる温かな場所

手作り雑貨の販売会や、友人やママ友を集めたちょっとしたパーティー、猫の里親探しなど地域のちょっとした催しの場に使っていただいていた弊社モデルハウス。社屋向かいにオープンした研修センターは、各種セミナーや演劇、映画の上映会など、これまで以上に幅広い用途でご利用いただけるようになりました。モデルハウスと研修センターの無料貸出しは、お気軽にお問い合わせください。

ソーラーパーク、オープン!

2013年5月、私たちは室蘭市白鳥台に「住まいのウチイケソーラーパーク」を作りました。
自然環境エネルギーの普及とともに、関心が高まっているソーラーパネルは、太陽の光で電気をつくるエコな発電システム。その太陽光発電をもっと身近に感じていただきたいとの思いから、ソーラーパーク構想が動き出しました。

毎年好評「住まいのウチイケ感謝祭」

2004年から毎年開催している「住まいのウチイケ感謝祭」。
おかげさまで回を追うごとに来場していただく方々も増え、内容もスケールアップしてイベントを開催しています。屋台や縁日、パフォーマンスなど楽しいイベントをたくさんご用意してお待ちしております。

実は他にもこんなこと

毎年10月に行われている「北海道陸上競技フェスティバル」。今までは上位に入賞してもメダルなどの記念品がありませんでした。住まいのウチイケでは少しでも参加者の思い出に残る大会にということで入賞メダルを制作し贈呈しています。
そのほかにも、バレンタイン時期には弊社モデルハウスでスタッフとおうちチョコを作ったり、さまざまなイベントを行っています。また、通学路に面している当社社屋には、特に夏場の暑い時期に子どもたちが「お水ください」と寄ってくれたりもします。ちょっとだけ地域ぐるみの子育てに参加させていただいている、そんなほのぼのした気持ちになっています。

share

このページの先頭へ