SDGsの考え方SDGs

住まいのウチイケのSDGsへの取り組み

住まいのウチイケは、省エネ住宅建築のトップランナー企業として、持続可能な社会を実現するために、SDGsを積極的に推進していくことを宣言します。

sdgs_main

持続可能な開発目標(SDGs)とは

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

committed
goal1 goal2 goal3 goal4 goal5 goal6 goal7 goal8 goal9 goal10 goal11 goal12 goal13 goal14 goal15 goal16 goal17 goal_sp

日本一の省エネ住宅で脱炭素社会の実現へ

goal3 goal7 goal13

「eco-house」(エコハウス)の建築

eco_house

地球の温暖化対策を考えると、住宅の省エネルギー化は最重要課題のひとつです。住まいのウチイケが建築する家は、ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2018で日本一となる大賞を受賞した「eco-house standard」での施工。暮らしの中から排出するCO2の削減に大きく貢献します。
さらに、太陽光パネルの創エネでエネルギー収支0以下を実現するゼロ・エネルギー住宅「ZEH」にも積極的に取り組んでいます。

次世代の担い手と地域社会の未来のために

goal4 goal11

建築の楽しさを子どもたちへ伝える責任

人手不足と高齢化で先行きが心配される建設業界。建築に興味をもつ子どもたちと業界の未来ために、住まいのウチイケは様々な活動を行っています。

地域のコミュニティづくりにも取り組みます

創業時より地域に根差した企業活動を行っている住まいのウチイケは、「家づくりは、街並みづくり」の精神のもと、地域の清掃活動や花壇整備に社員みんなで取り組んでいます。また室蘭本社向かいにある「研修センター」は、地域のみなさんに無料貸出しをしており、さまざまな催し物で賑わっています。

日本の住まいを変える、誰もが後悔しない高性能住宅を全国へ

goal17

真に価値ある住まいを未来に残す責任

住まいのウチイケが本部となって展開するフランチャイズ事業「HOME-UCHIIKE」では、全国の工務店と連携して日本の住まいを変えていきます。長年培ってきた高断熱・高気密な家づくりのノウハウを共有し、住宅の各種エネルギー計算の代行業務や、販売促進のサポートを提供します。

このページの先頭へ