アフター窓口
お手入れガイド

浴槽・水栓金具

浴槽

お湯のぬくもりが残っているうちに、スポンジに石鹸をつけて洗いましょう。長く放っておくと湯垢が溜って落ちにくくなります。落ちにくい場合は、浴室用洗剤か住居用洗剤をスポンジにつけて落とし、よく水洗いしましょう。風呂蓋は浴室用洗剤をつけて、柔らかいスポンジで汚れをこすります。水洗い後、風通しの良い場所で乾燥させてください。カビが生えたらカビ取り剤をつけこすります。ひどい場合には浴槽の水にカビ取り剤を混ぜ、一晩浸け置きしてから洗います。

風呂フタ

風呂フタは浴室用洗剤をつけて、柔らかいスポンジで汚れをこすります。水洗い後、風通しの良い場所で乾燥させてください。カビが生えたらカビ取り剤をつけこすりましょう。ひどい場合には浴槽の水にカビ取り剤を混ぜ、一晩浸け置きしてから洗います。

水栓金具

全体を浴室用洗剤で洗いましょう。お手入れの後は水気を拭き取ります。取りにくい汚れは、液体クレンザーをつけてこすると綺麗になります。シャワーの出が悪くなってきたら、分解して洗います。反時計回りに強く回してシャワーヘッドを外し、スポンジと浴室用洗剤で洗います。シャワーの噴出口は中心のネジを外し、全体の汚れを落とした後、爪楊枝や歯ブラシを使って穴を掃除します。目詰まりが酷い時は酢を入れた水に一晩浸け置きます。汚れを水で流し洗剤で軽く洗ってセットします。

風呂釜

月一回程度、風呂釜専用洗浄剤を使って掃除しましょう。風呂釜タイプ別に選ぶ洗浄剤が異なりますのでご注意ください。循環フィルターは外して、目詰まりのもとになる毛髪や湯あかを歯ブラシを使って取り除きます。

洗い場・天井・壁まわり

日常のお手入れ

日頃から入浴後は自分の汚れを洗い流すなど、汚れを溜めない様心掛けておくと、簡単なお手入れで済みます。入浴後は水シャワーを浴室全体にかけ水分をできるだけ拭き取り、換気扇を回しましょう。カビ防止に効果があります。

天井・壁まわり、床

天井は水洗いをします。汚れ時は、住居用洗剤を使いましょう。照明器具に水を掛けない様にして注意して洗います。

湿気や石鹸カスの飛び散りによる壁や天井のぬるつきは、週一回を目安に浴室用洗剤で洗い流しましょう。しっかり水ですすいだら窓やドアを開け、風通しを良くして乾燥した状態を心掛けましょう。床のぬるつきや石鹸カスや微生物の発生によるものです。入浴後はシャワーでしっかり汚れを流しましょう。週一回を目安に浴室用洗剤で洗います。

タイルの壁や床のしつこい汚れは、クレンザーと洗濯用粉石鹸をつけたわしでこすりましょう。